指を鍛える方法

曲として完成されたピアノの音色は本当に美しく素晴らしいものです。子の音色にあこがれてピアノを始める人は多いでしょう。しかし皆が求めている子の美しい音色は、鍵盤を押せば出るというわけではないですね。そこにはやはり程度の指の訓練が必要になってきます。

指の訓練にはよく「ハノン教本」が良いと言われます。確かに意を鍛える為に重要な教材なのです。しかし延々と訓練めいたことをしていてもつまらないですね。プロを目指すというのであれば別ですが、そうでなければ好きな曲もてみたいという気持ちになるのが当然でしょう。そこである程度ピアノを弾けるようにている人は、自分が楽しんで弾けそうな曲を選らんで繰り返し練習することをお勧めします。指の神経はそれぞれが独立をしているわけではありません。その為、動かしにくい指に引きずられてぐちゃぐちゃになるという事も多いでしょう。そんな時にはイラッとする事もありますよね。そもそも楽しくなければ物事を続ける事は出来ません。しかし、自分の好きな曲を楽しんで引ける状況だと頑張れるでしょう。

他には自分のお気に入りでまあまあ弾けるようになっている曲を利用する事も一つの方法です。この速度で弾かなければいけないという決まりはないのですから、速度をながらゲーム感覚で弾くと楽しく指を鍛える事が出来ます。そこに感情移入移入等をしていくとそれぞれの速度の中での弾き方というものが自分なりにできてくることもありますよ。

いずれにしても目を吊り上げギンギンに光らせながらツライ思いをしなくても、そのような方法で鍛えていくといつまでもピアノが好きでいられますね。それでも自分はもっとしっかり鍛え上げたいという人はフィンガートレーニング用のアイテムを利用する方法もあります。

他にもピアノから離れている時に手指のストレッチや普段使わないような、例えば中指と薬指で物をつかんでみるとか指を伸ばしている状態で隣同士の指をくっつける等の運動があります。

楽しく自分が弾きたい曲のレパートリーを増やすための第一歩で頑張りたいですね。

目次
閉じる